一年を通して温暖な気候!

沖縄とはどれくらい温暖なのか?

本州では夏の最高気温が上昇する一方で真冬には相変わらず大雪・低温に襲われる日もあり、例えば2014年2月の大雪では関東の人々は大変な思いをしました。一方、沖縄はそういった本州における真冬の寒さとは無縁で、真冬でも快適に過ごす事が出来ます。具体的には東京の年間気温は1月・2月に5度台まで下がるのに対し、那覇は17度台・石垣島は19度前後と10度以上の違いです。真冬でも関東や関西における5月・10月頃の気候と同様なため、真冬にコート・ダウンジャケットなどを持参して旅行に行く必要がありません。ちなみに真冬でも最低気温が15度前後で、石垣島に関しては2月の昼の最高気温が25度を超える夏日になる日も存在するほどです。

温暖な気候であることのメリット

沖縄は真冬でも温暖な気候である事により、真冬に本州から避寒地としてやってきた場合は寒くて何もできないような状態から解放されます。降雪地帯は冬に自転車に乗る事が出来なくなるほか、雪の降らない地域でも路面凍結により真冬に安全にサイクリングを楽しむのはなかなか困難です。しかし沖縄は雪は降らないのはもちろんの事、路面凍結も基本的に無縁のため真冬でもスリップの危険性などなく安心してサイクリングを楽しめます。その他、本州の山は冬になると寒くて登れない山も多いほか、登れるとしても相当な防寒対策が必要です。それに対して、沖縄の山は秋から春にかけて閉山になるような事もなく、年間を通じて登る事が出来て山頂付近でもある程度薄着にて快適に過ごせます。

西表島のツアーではマンゴーやパイナップルなどの南国フルーツが人気です。レストランやカフェではフルーツを贅沢に使ったかき氷やアイスなども食べることができます。